誰もが知りたい芸能ニュースをいち早くお届けする「BuzzBuzz Online」

BuzzBuzz Online

アーティストまとめ

はい?ASKAが新曲『FUKUOKA』を発表?覚せい剤で逮捕→謎の不起訴とブログについて

更新日:

実刑が確定してから2度目の逮捕となったASKAさん。

しかし謎の不起訴となりましたね。

ASKA 新曲 逮捕 ブログ 覚せい剤

出典http://biz-journal.jp/

新曲発表もされブログでも詳細記載をされていました。

覚せい剤の件に関することと一連の流れをまとめてみましたので是非ご覧ください。

新曲についても触れてみたいと思います。

●覚せい剤で逮捕になった件について。

2016年11月28日午後に逮捕されるという報道が「特報ライブ ミヤネ屋」で放送されました。

ただ、この段階では見込みだったのです。

任意で提出した尿検査から覚せい剤の成分が検出されたと言われたそうなのですが、実はASKAさんが提出したのはお茶。。。

腑に落ちない方はいらっしゃったでしょうね。

前回の供述から自白から時間が経ち有罪判決が出ている身ですよね。

再発しないようにしていたのでしょうけど結果は陽性。

みんなが落胆したに違いありません。

でもお茶を出したのが事実であれば明らかな警察の落ち度であり、冤罪となりますよね。

明らかに報道の在り方に問題があるとされた事件となりましたね。真実はどれなのかわからないですよね。

気になるところは実刑を受けている状態で再犯した場合どのようになるのかという部分です。

前回の判決は懲役3年執行猶予4年の判決でした。

ただ、2回目が冤罪となると話は変わってくるのかもしれません。

前回分は有罪判決がおりているわけですので・・・。

今後の動きをよく見る必要がありそうです。

どこまでが正しいのか、どこからが間違っているのか過熱するのではなく事実を事実としてキチンと見つめていく必要がありそうです!

●現在のブログと新曲「FUKUOKA]について。

色々ASKAさんが記述していますよ。

逮捕される直前の内容などを細かく書かれていますね。

書かれている内容が事実だとすれば警察の在り方も亜問題になってくるでしょうし、人権問題にも発展しかねませんよね。

新曲を聞くと感動する内容というコメントは多いです。才能を持ち合わせているからこそ再犯を認めたくないファンも多いということではないでしょうか。

ASKAさんのブログ(らしい)

つま先をコンとついて 鞄を脇に抱えて
パンを頬張り駆けて行く 朝の香りが漂う駅へ
発車のベルが鳴る 街が動いて行く
あの頃の僕は何を見ていたのか
sweet and good memories
僕のニューシネマパラダイス

ベルトを外して立つ そして到着ロビー
人並みを歩いて行く
いまは昔 昔はいま 誰でもない自分さ
生きるように生きてきた めくれば文字が現れるように
こんにちは さようなら おはよう おやすみなさい
繰り返しながら僕はここに居る
sweet and good memories
僕のニューシネマパラダイス
人生は前後左右 いつも未解決
誰も同じ

sweet and good memories
僕のニューシネマパラダイス
野球の話をする タクシードライバー
風が見える福岡

こちらが新曲の歌詞になります。原点は福岡にあり、福岡から始まることが多いんでしょうね。
この新曲を出すために釈放されてから福岡に飛んだそうです。ご両親が居る福岡を大切にしたい思いが伝わってきますよね!

だからこそ信じたい人も多いんです。YouTubeでかなり反響があるようですよ♪作詞内容も感動的という意見ばかりです。

一時期閉鎖されていたブログのコメント欄も今は活発になっているようで今回の新曲は最高との評価ばかりとなっていますよ!

●逮捕から不起訴一番知りたいのは!?

ファンが知りたいよりも本人が一番薬物を使ってないのであればなぜというのがあると思います。

ねつ造されたのかそれとも黒なのかわからないですね。

再犯率は高いそうです。

ただ、事実は事実。

不起訴になったということは、警察の落ち度である以外の何物でもありません。

報道の仕方も見直しの時期に来ているのかもしれません。

報道により個人の名誉が傷つけられるのはあってはならないことですからね!

土壇場劇であったには変わりありません。

ご本人の発言が正しいのか間違いなのか・・

事実関係は本人のみぞ知る部分ではないでしょうか。

科捜研は間違えないけれど無実を訴えているASKAさん。

紙コップに何か仕掛けられていたのか・・。

今後明らかになってくるまで待つしかないんでしょうね。

●まとめ

ASKAさんの事件について今回はまとめ見ました。

事実がどこにあるのか、本人はご存知ですが、今のところ事実関係の確認上では無罪であり不起訴なりましたね。

そこは覆すことは多分できません。

そしてそれが事実であるということは、冤罪になるということです。

過熱報道が最近は目立ちますので、きちんとした証拠がない限りは確証を得るまで出すべきではないのではないでしょうか。

こちらの記事もオススメです

-アーティストまとめ

Copyright© BuzzBuzz Online , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.